和太鼓ソリストRYO

しまもと りょう : 1976年生。 和歌山県有田郡湯浅町出身。
11歳で和太鼓に初めて出会い、身体の小さい自分が誰よりも大きな音を出せたことに驚く。
その感動が原点となり、和太鼓と共に人生を歩み始める。
16歳からアマチュア集団 疾風打太鼓(しっぷううちだいこ)で活動。
32歳でそれまでの職を辞めプロ奏者(兼 指導者)となり、主にソリストとして活動。
得意とする大太鼓一人打ちは、繊細かつ力強い澄んだ音色で人々を魅了。
指導者としても国内外の団体や学校に赴き、音楽性豊かな和太鼓演奏の普及に努めている

記事一覧(10)